週末ファーマーによる自然農の野菜栽培

最近の記事
このページの記事
記事の分類
本の紹介

自然農の野菜づくり

第1章 生命の営みをつなぐ自然農の要諦(畑の準備をする、野菜を切らさない作付けの工夫 ほか)
第2章 自然農の野菜・つくり方のポイント
第3章 自然農の野菜などの加工・保存の工夫


自然農・栽培の手引き
最近のコメント
リンク
自己紹介
その他
QLOOKアクセス解析
 川口由一氏の提唱する"自然農"を理想として、耕起せず、肥料はやらず、雑草は抜かず、害虫をも防除しない(化学農薬も自然農薬も不使用)で、野菜を育てることを目指しています。多種類の豊富な動植物と共存する生物多様性を実現する家庭菜園にするべく、群馬県西部で週末に農作業をしています。ビニールのマルチやトンネルなどの非再生資材は使わず、農業機械も使わずエコロジーです。ただ、地力不足なので、有機質肥料を少し与えることもあります。


前の記事 : << 畑のカエル、ヘビ、鳥
次の記事 : サツマイモの栽培 >>
下仁田ネギの栽培
・下仁田ネギは甘楽郡下仁田町を中心として、その周辺に栽培される根深、夏型ネギの品種、太くて短い一本ネギで株分れは少ない。品種の特性で他ネギに比べ萎縮病にかかりやすい。鍋に入れると絶品。別名、殿様ネギ。「下仁田ネギは霜にあたって甘くなる」と言われ、何度か霜にあててから収穫する。

・4月中旬仮植し、7月下旬定植する。ネギ栽培で一番キツイ作業である夏場の植替え作業を省いて栽培された手抜きの下仁田ネギは、中身がスカスカになるという(下仁田町認定下仁田葱の会

・発芽:発芽適温15〜25℃。10℃の気温で発芽率は低下し、苗立枯病が発生しやすい(JA広島北部
秋まき:播種9月下旬から10月上旬。早く播きすぎると、苗が大きくなりすぎて抽苔の原因となる(群馬家庭菜園サポートでは、秋播きは10月中〜11月上旬となっていた)

春まき:秋まきよりも小ぶりになる。播種2月下旬〜3月中旬

・ネギは、ネギ科ネギ属の野菜。
下仁田ネギのネギ坊主 葱の種の寿命は短く、約1年である。
ネギ坊主の中に黒い種ができる。採種は、黒い種を触ると落ちるようになったら、ネギ坊主を切り取って、逆さまにして叩くと種が落ちてくる。

ネギ坊主の中の種熟した種。写真6月5日
自家採種したネギのタネ自家採種したタネ

初めての下仁田ネギの栽培記録 秋まき

種:トーホク 下仁田ねぎ 8ml 購入価格188円
目分量で8等分しタネを数えたら、238×8=約1904粒
(以下、袋に書いてあった説明文)
特性:群馬県下仁田地方で育てられました甘味とコクがあり、繊維質を感じさせずとろけるようにやわらかいネギの王様です。
発芽適温:約20℃
生産地 香川県、2009年5月 現在発芽率80%以上

春まき
冷涼地:播種 3月下旬〜5月上旬、収穫 9月上旬〜12月下旬
中間地:播種 3月中旬〜4月下旬、収穫11月上旬〜 4月下旬

秋まき
冷涼地:播種 8月中旬〜9月中旬、収穫 7月中旬〜12月下旬
中間地:播種 8月下旬〜9月下旬、収穫 8月上旬〜 4月上旬

栽培方法
 春まきと秋まきができます。良く湿らせた苗床を作り、15cm間隔にまき溝を作り種をすじまきします。うすく土をかけ発芽まで新聞紙で覆います。春まきならなるべく早くタネをまき、初夏から夏にうね幅80cm、深さ20cmの溝に苗を5cm間隔に植え、根がかくれる程度に土をかけてワラを敷きます。秋から冬にかけて肥料をやりながら3〜4回に分けて土寄せします。秋まきは遅めにタネをまき、翌春に苗を春と同じ要領で植えます。
9/27 苗床に播種、無耕起、無施肥 畝5NR
 夏草が茂っていた場所の草を刈り、表土は3cmほど剥いで、少ししめった土を露出させて苗床を作り、モグラの穴があちこちにあったので、3方に溝を掘っておいた。1cm間隔で1粒づつ播種。→その後、モグラに侵入されなかったので、溝の効果は高かった。

下仁田ネギの発芽10/3 播種から6日、発芽が始まった。写真は見にくいが、中央に縦の列で4本の芽があり、芽は2つ折りになっている。

下仁田ネギ12月12/23 草丈10-20cm、生長にばらつきがあるが、欠株は少ない。1か月くらい前に化成肥料と油粕を施肥しておいた。まだ、雑草は一度も刈っていない。地力が低いので、雑草の育ちも良くないようだ。

下仁田ネギ雑草に埋もれる3/13 雑草を刈ったが、雑草に埋もれてしまっていた小さい下仁田ネギは、消えてしまっていた。2週間前にホトケノザが伸びていたので、そろそろ草刈りと思っていたが遅すぎた。

下仁田ネギ4月4月10日 だいぶネギらしく育ってきた。

下仁田ネギ仮植5月8日 4月中に仮植する予定が遅れており、苗床においたままで、一度も間引きをしていないので生育にバラツキがある。ネギ坊主は手でちぎれば問題ない。

下仁田ネギ6月6月5日 仮植が遅れて、まだ苗床のまま。春草はすっかり枯れて、除草したようになっている。ネギ坊主をちぎった苗も元気だ。明日から少しづつ仮植えする予定。仮植は、株間10cm、深さは3cmくらいで葉の分岐部より上に土がかからないように植える。


下仁田ネギ 春まき栽培記録 2010年

下仁田ネギ種まき4月17日 前年買った種で種まき。条間20cm、2,3cm間隔で種をまいた。今年は晴れの日が続くことは少ない天気なのだが、念のために、条間には乾燥防止のため枯れ草を敷いた。

4月24日 出芽なし → 半数程度は出芽していたようだが、詳しく見ていなかった。
下仁田ネギの春まき6月20日 先週、周りの草を根元から切ったのに、もう草に埋れている。写真には、ネギは縦に2条あるのだが、ほとんど見えていない。春まきは、草対策が大変なので、あきらめたほうがいいかもしれない。
 →7月 再び雑草に覆われたのであきらめた。


千本ネギ生長記録

千本ネギ 母は"千本ネギ"と呼んでいるが、10年以上前から分けつで増やしているので、来歴は不明。太さは1.5cmくらいになる。肥料の多い畑では、半年で十数本に分けつしていたが、この畑では地力がない場所では1本のままや、2、3本に分けつし、地力がある場所では肥料を与えなくとも十数本に分けつする。トウ立ちは遅く、6月に入ってネギ坊主をつける株もちらほらあったが、全体の1割くらいだ。写真は、1年前に定植して収穫もせず、肥料も与えずにそのまま置いておいたもの[2010/4/25]。
千本ネギが十数本に分けつ 無肥料でも地力がある場所なら、十数本に分けつする。写真[2010/10/10]



2011.09.17 Saturday | 野菜栽培 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
 

この記事のトラックバックURL http://naturefarm.iti5.net/trackback/18
トラックバック