週末ファーマーによる自然農の野菜栽培

最近の記事
このページの記事
記事の分類
本の紹介

自然農の野菜づくり

第1章 生命の営みをつなぐ自然農の要諦(畑の準備をする、野菜を切らさない作付けの工夫 ほか)
第2章 自然農の野菜・つくり方のポイント
第3章 自然農の野菜などの加工・保存の工夫


自然農・栽培の手引き
最近のコメント
リンク
自己紹介
その他
QLOOKアクセス解析
 川口由一氏の提唱する"自然農"を理想として、耕起せず、肥料はやらず、雑草は抜かず、害虫をも防除しない(化学農薬も自然農薬も不使用)で、野菜を育てることを目指しています。多種類の豊富な動植物と共存する生物多様性を実現する家庭菜園にするべく、群馬県西部で週末に農作業をしています。ビニールのマルチやトンネルなどの非再生資材は使わず、農業機械も使わずエコロジーです。ただ、地力不足なので、有機質肥料を少し与えることもあります。


前の記事 : << ナスの栽培
次の記事 : 食用ホオズキ(ストロベリートマト、グランドチェリー)の栽培 >>
エダマメの栽培
エダマメの種類
 エダマメは、日長と温度への反応から、夏大豆型と秋大豆型に分けられる。夏ダイズは、春に播き、夏に収獲する一般的なエダマメ。温度に対して敏感だが、日長に対しては感応が鈍い。秋ダイズは、夏に播き秋に収穫する型で、短日で開花・結実が促進される。そのため、品種選びには注意が必要である。

種の寿命
 エダマメ(ダイズ)の種としての寿命は短く、翌年に使い切るのが望ましい。室内保管では1,2年程度の寿命。
発芽
 発芽適温は25〜30℃で、15℃では遅延し、10℃以下では極めて発芽不良となる(タキイ種苗)。なお、種子殺菌や催芽をすることにより低温時の発芽率は向上する。生育適温は20〜25℃。群馬県前橋では平均気温が15℃を超えるのは4月下旬、20℃を超えるのは6月上旬、このため露地栽培での播種期は、4月下旬以降となり、5月上旬以降が安全である。

種子殺菌による夏ダイズ種子の発芽率の向上(原ら,1980による
発芽温度℃ 7.5 10 12.5 15 20 25
無殺菌    2  5  13 42 68  -
殺菌剤使用  - 51  70 82 91 89


裂皮粒の発芽
 「裂皮粒は降水量が多い場合には出芽率が低いが、催芽させてしまうと極めて高い出芽率を示す。裂皮粒は吸水が著しく速く、多雨時には酸素欠乏の状態におちいり易いが、潅水に注意すれば無裂皮粒と同程度の出芽率を示す(池田,1986)」

生育下限温度
 一般に生育下限温度は、10℃程度である(参1)。マルチなし、宮城県内における栽培では、生育下限温度は品種により異なり、早生〜中生品種では富貴の8.1℃〜三河島11.3℃であった(参2)。なお、群馬県前橋市における平均気温が10℃を下回る平年値は、11月19日であるが、前橋における初霜の平年値は11月13日であるから、晩生品種の播種限界は6月下旬までだと思われる。

参考)
1.星川清親. 食用作物学
2.有効積算温度を用いたエダマメ品種の収穫適期予測法より)
3.大豆 自給率向上に向けた技術開発 - 地域の栽培技術 - 関東・東海

【種まき】
 種は水に弱く、乾いた状態から多量の水に漬かると、急速に膨張し種子が壊れてしまう恐れもあるので、タネは水に浸さない。種子含水率を15%程度にしておくことで湿害による出芽障害を大幅に軽減できることが報告されている(作物研究所大豆生理研究チーム)。(参考:「まく前に水に浸したりしないことが大切」株式会社トーホク
 覆土は、2cmとする。覆土が少ないと、根が浮き上がってしまう。
ダイズだって半不耕起!発芽バッチリタコ根型生育で徒長なし 現代農業酸欠発芽では増収できない 現代農業

土寄せ(培土)
 通常栽培では、開花するまでに2〜3回、土寄せを行なう。培土で埋込まれた大豆の茎から不定根が発生し、根粒菌も増える。エダマメの根は浅根性で、乾燥には極端に弱いので、根元に敷き藁をし、乾燥が続く場合には水やりをする。なお、大豆を初めて栽培する畑では、根粒が十分に付かない場合がある。

エダマメの実が太らない原因
開花期以降に土が乾燥すると空莢が増え、実が太らない(マルチなら乾燥しない)。
・窒素肥料が多すぎると、葉ばかりが茂りすぎて実が太らない

モヤシ
 自家採種して種が余れば、モヤシにもなる。豆を数時間、水に浸けておき、ざるに入れ、暗い所に置く。一日に2,3回水をたっぷり掛け、2日目には芽が出てきて、数日で食べ頃になる。雑菌が繁殖すると失敗するので、ザルごと水に入れてきれいにするのもいいようだ。

秘伝枝豆の花エダマメの花は、白または紫色の小さい蝶形花で、葉の付け根から短い花枝が伸びて花をつける。開花後30日〜40日で収穫となる。左の写真は、秘伝枝豆の花。

【自家採種】
 ダイズの自家受粉率は高く、他家受粉率は通常1%未満である(Caviness,1966)。

【種の購入】
 私は、全商品定価の半額となっている国華園の激安タネをよく利用しています。国華園の激安タネのエダマメ:奥原一号(極早生種)、大振袖(大豆としてよく利用され甘みが強いらしい、早生)、黒真珠、白鳥(タキイ、中早生)

参考になるサイト
タキイ種苗 野菜前線
みんなの農業広場 エダマメの栽培体系

2010年 秘伝枝豆の栽培記録

種:ウタネ 中晩生、白毛、豊産種 秘伝枝豆
25ml 購入価格 210円
(数えたら35粒入っていた)
【こんな品種です。】
 本種は、中晩生系初の白毛大莢種として育成されました。6月初旬の播種で、120〜130日位で収穫期に達します。莢は白毛の大莢でボリュームがあり、市場性にすぐれ、濃緑色の莢で風味と甘みに富み、食味最高です。収量性が抜群に高い。
【つくり方】
 先に潅水して、45cm位の間隔に、1ヶ所3〜4粒点まきします。発芽後生育の良い苗を2〜3本残し、他は間引きます。肥料は市販の化成肥料、過燐酸石灰等を与えます。播種前に石灰を散布し、土の中和をはかる事が大切です。早まきは、つる化するのでまき時に注意します。
適正発芽温度 20〜30℃
北関東 まきどき6月上旬〜7月下旬 収穫10月下旬〜11月下旬
生産地 岩手県産 発芽率80%以上 有効期限2010年11月
7月11日 播種
8月22日 開花していた。 黒太郎エダマメよりも生育がいいので、期待できそうだ。
9月25日 ハスモンヨトウの中齢幼虫が、数株のエダマメに、数十頭づつくらいも多数いた。今年は、酷暑で乾燥したので、各地で大量発生しているというニュースをテレビで見たが、うちの畑でも発生した。
秘伝枝豆10月10日 何もしていないのに、ハスモンヨトウ幼虫はほとんどいなくなっていた。葉裏をよく探して1、2頭づつくらいしかいない。なぜなのか全く不思議だ。写真には、若齢幼虫による白葉や小さな穴がたくさん開いた葉が写っている。
10月24日 播種から106日目。豆は全く太ってきておらず、まだぺったんこだ。播種から収穫まで120-130日ということだが、種をまく時には「まきどき6月上旬〜7月下旬」ということしか気にしておらず、収穫期が初霜にかかりそうなことには気が付かなかった。120-130日なら、11/8-11/18であり、前橋での初霜の平年日は13日だ。初霜が遅くなればよいのだが。。。

2010年 黒太郎エダマメの栽培記録

 前年に自家採種した黒太郎エダマメの種子は、採種が遅れて品質はよくないが、前年の発芽テストの結果から大丈夫だろうと思って播いたが、出芽率は5%未満であり、数百粒も播いたのに20本程度しか育たなかったのである。

●1回目 吸水段階で失敗
4月9日 天気予報から来週の平均気温を算出したら平年並みの12.3℃であった。気温が低く15℃以下であるので発芽遅延になるであろうが、10℃以上あるので少しは発芽はすると思うのでとりあえず種の形が悪い15粒だけテストを兼ねて播くことにした。明日の播種のために、濡れたキッチンペーパーに包んで一昼夜、吸水させておく。翌日、水を吸って種はふくらんでいたのだが、カメムシに吸われて痛んでいる部分が凹んでいる種が半数程度あったので、播種はせずに様子を見ることにした。
 4日ほど経つと、凹んだ部分がある種にはカビが生えたので、ふっくらとして丸い種だけを残したら3粒だけになった。吸水開始から10日経っても外見上の変化はなかったものの痛んでいるようだったので廃棄した。平均室温が15℃程度だったので、低温過ぎたようだ。今年は41年ぶりの積雪が4月17日にあるなど低温である。

●2回目 種まき
5月4日9H 濡れたキッチンペーパーで包み吸水開始、60粒。明日になって指で押した時に、過度にやわらかいような種は破棄して播く予定。5月5日 種まき、1ヶ所あたり4〜5粒播いた。
5月14日 種60粒のうち1粒だけが出芽したばかりであった。あまりに出芽していないので、1ヶ所だけを掘って確かめたら、4〜5粒播いたうち1粒が地中で子葉が大きくなっており、残りは腐っていた。来週にならないとどれくらい出芽するか分からないのだが、1ヶ所あたり1粒が出芽するかどうかだろう。
黒太郎エダマメ自家採種した種から収穫7月24日 1株だけ収穫でき、草丈40cm位で小さいが20サヤほど取れた。

●3回目 種まき
5月14日 前日の夕方から吸水した種を1ヶ所あたり4〜6粒で、14ヶ所に播種した。吸水時間が足りなかったようで、種のふくらみが少なかった。2日前から吸水させるのがいいようだ。畝9C,10R
●4回目 種まき
5月30日 これまでの種まきの発芽があまりにも悪いので、残っていた種を全て播いた。

8月22日 2〜4回目の種まきのいずれも、実の太りが悪い。土が乾燥していたのに、敷草を厚くせずに放置していたからだろう。。。

2009年 黒太郎エダマメの栽培記録

種:国華園 黒太郎エダマメ(30ml)140円
品種特性
 育成80日くらいから収穫できる早生系黒豆品種。茶毛大莢で3粒莢の割合が特に多く、着莢数も極めて多い。黒豆特有の甘味と芳香があり食味は最高。草丈55cmくらいで分枝数も多い。成熟が進んで莢が薄黄色に熟すと、美味しい黒豆としても利用できる。

生産地、2008年11月現在発芽率75%以上
発芽温度:20〜25℃
中間地:播種4月中旬〜5月下旬、収穫 7月下旬〜 9月上旬

栽培方法
 地温は15度以上を確保します。直まきの場合は1ヵ所に3〜4粒点まきし、本葉が開くころに2本立ちにします。収穫の適期は開花後30〜40日です。莢が大きくなって豆の部分がふくらんできたら、莢の緑が退色する前のやわらかいうちに株ごと収穫します。

4/18 播種 点播き。化学肥料施肥、耕起。発芽率は9割以上

7/15 収穫 最初に播いたところは、莢の数はそれなりに多いのだが、実が入っていても量が少なく、空莢も多い。翌週に播いたところは、95%くらい空さや。開花後に乾燥させてしまうと実の入りが悪くなるようだ。また、実入りは地温にも影響されるらしい。味は良い。草丈55cmとのことだが、今回は30cmくらいしかなく、明らかに成長不良で、種まきが早すぎたのだろう。今年の梅雨入りは6月10日だったが、いつ開花したのか気にしていなかった。来年は、2袋購入して、4月下旬から1週間ごとに、4回に分けて播こうかな。多く収穫できそうだったら、完熟させて黒豆もいい。

7/25 収穫 空莢だと思っていた株は、まだ実が充実していないだけで、たんに早かっただけだった。マルカメムシが1株あたり、10匹ほどいるが、マルカメムシは茎を吸い、実は吸わないので、放置していい。カメムシの天敵は、主に寄生蜂で、カメムシタマゴトビコバチなどがいる。

枯れたエダマメ9/13 自家採種のために残しておいたが、葉が虫に食われて早くも枯れてしまった。しかも、莢が茶色くなったにもかかわらず、放置しておいたためかスポンジ状になっている豆もある。雑草に囲まれて、風通しの悪い部分の豆が特にひどい状態。また、表面が白くなっている豆が多いが、この白いものはカビではなく、莢の内側のわたが固着したもののようだ。

● 種のテスト
 前日収穫した枝豆の種の状態が悪いので、発芽するかどうか試すことにする。まず、指で押してやわらかさを感じる豆や形が悪い豆を選び、水に浸したら、7割くらいが水に浮いた。2時間くらいしたら、豆が膨張し、皮が破れて発芽しそうな豆もあったが、指で押すと豆が崩れる豆は中身が腐っていたので捨てる。残った豆をザルに入れ、発芽するまで、1日に2,3回水をかけることにする。

・2日目:一晩置いておいた枝豆の種は、傷んでいて茶色く変色していた部分にカビが生えていた。皮にカビが生えていた豆の皮をむくと、内部が茶色くなっていてやはり傷んでおり、カビの生えた豆は捨てて、残った豆も皮をむき内部を確かめた。

・3日目:枝豆の種は、48時間経過し、芽が少し伸びた。茶色く変色している部分が大きい豆は、茶色の部分が腐っていたので、捨てる。凹みが大きい豆は、その部分が変化しており、腐りやすいのだろう。

・4日目:幼根と胚軸は合わせて3cmほどになった。まだ、胚は閉じたまま。

・5日目:状態が悪かった種ばかりを選んだにもかかわらず、わずか3粒だけではあるが成長しそうな感じになったので、状態の良さそうな種は大丈夫だろう。室温は記録していなかったが、平均気温は22℃程度だった。


2010.10.24 Sunday | 野菜栽培 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
 

この記事のトラックバックURL http://naturefarm.iti5.net/trackback/21
トラックバック