週末ファーマーによる自然農の野菜栽培

最近の記事
このページの記事
記事の分類
本の紹介

自然農の野菜づくり

第1章 生命の営みをつなぐ自然農の要諦(畑の準備をする、野菜を切らさない作付けの工夫 ほか)
第2章 自然農の野菜・つくり方のポイント
第3章 自然農の野菜などの加工・保存の工夫


自然農・栽培の手引き
最近のコメント
リンク
自己紹介
その他
QLOOKアクセス解析
 川口由一氏の提唱する"自然農"を理想として、耕起せず、肥料はやらず、雑草は抜かず、害虫をも防除しない(化学農薬も自然農薬も不使用)で、野菜を育てることを目指しています。多種類の豊富な動植物と共存する生物多様性を実現する家庭菜園にするべく、群馬県西部で週末に農作業をしています。ビニールのマルチやトンネルなどの非再生資材は使わず、農業機械も使わずエコロジーです。ただ、地力不足なので、有機質肥料を少し与えることもあります。


前の記事 : << オクラの栽培
次の記事 : ルッコラの栽培 >>
カブの栽培
・コカブの間引き菜は、やわらかくておいしい。
・カブはアブラナ科アブラナ属。なお、ダイコンは、アブラナ科ダイコン属なのでダイコンとは交雑しない。
・収穫は、播種後、小カブは40〜50日、中・大カブは60〜100日。
・種の寿命は、比較的長命で実用的発芽年限は5〜6年。発芽適温は20〜25℃で、最低温度6〜8℃で発芽する(タキイ種苗

2010年 小カブ栽培 秋まき

1回目の種まき 9月5日
9月11日 土が乾燥していたので、他の作物の陰になっている場所しか発芽しなかった。
9月18日 発芽した芽は、ほとんど虫に食べられてしまった。播く場所は、種まきをする1、2週間前に草を刈って、雑草を芽生えさせておいたほうがいいのかもしれない。

2回目の種まき
コガネムシ類のトンネル10月2日 種まき
 種の条播きは、草を刈り、20cmくらいの幅で土を露出させてから、種をまく。翌日、小カブを播いた場所を見ると、種を播いたすぐ上の土が盛り上がってトンネル状になっており、土は乾燥して白くなっていた。これは、コガネムシ類の幼虫が通ったトンネルである。写真では、真横に横切るトンネルと斜めに横切るトンネルが写っている。この場所は草が厚く敷いてあったので、コガネムシ類の幼虫にとってはエサが豊富で、種をまく時にたくさんの幼虫を見つけていたのだが、一晩でトンネルをあちこち掘られるとは思っていなかった。種の播く溝は草の根を取り除いているので、幼虫がトンネルを作りやすかったのであろう。


2010年 カブ栽培 春まき

種:国華園 極早生金町小かぶ
内容量:15ml、購入価格100円(税込)
生産地中国、2009年11月現在 発芽率85%以上

【品種特性】直径3〜5cmの腰高で整球形の極早生金町小かぶです。純白で肉質が軟らかく、甘みに富んでいます。生育旺盛で育てやすい代表的品種です。

【発芽適温】20〜25℃
冷涼地 播種4月下旬〜6月下旬→収穫5月下旬〜7月中旬、播種8月上旬〜9月上旬→収穫9月上旬〜10月中旬
中間地 播種3月中旬〜6月上旬→収穫5月上旬〜6月下旬、播種8月下旬〜10月上旬→収穫10月上旬〜12月中旬

【栽培方法】うね幅は単条まき40cm、2条まき80cm、株間15〜20cmが標準です。一か所3〜5粒の点まき、またはスジまきします。間引きは適時行い、本葉が5〜6枚になるまでに1本立ちにします。水やりにむらがあると発芽がそろわず、生育が不ぞろいになります。間引きと同時に中耕と土寄せを行います。栽培期間が短い割には多肥を好むので肥料分を切らさないようにします。太りの早いものから順に抜きとり収穫します。
4月17日 播種。畝15R。4,5cm間隔で1粒づつ播いた。
4月24日 7割出芽
6月6日 初収穫。やわらかくておいしかった。
金町小かぶ収穫どき6月12日 5月末からほとんど雨が降らずに、数日前に表面が少し湿る雨が1回あっただけで、土はすっかり乾いており、食べごろのはずのコカブがしおれていた。水を与えて、明日、収穫しよう。

2009年 カブ栽培

●栽培結果 4年前の種は発芽力が弱くて、小さなカブしかできずに失敗した
種:ウタネ交配 絹はだ(小かぶ〜中かぶまで随時収穫) ¥315

こんな品種です
・「小かぶ」から「中かぶ」に至るまで長期間収穫できるため、必要に応じ、いつでも新鮮な果が得られます
・春から秋までいつでも手軽に作れ、家庭菜園に最適です
・表皮は美しい純白で滑らか、肉質緻密で品質最高です
・甘味に富み、葉も柔らかで美味です

つくり方
・収穫は播種後25日位で間引きを兼ねた「間引かぶ」、40日くらいで「小かぶ」その後生育に伴い径10cm内外の「中かぶ」となりますから必要時に収穫して下さい。

適正発芽温度20〜25℃
東日本:播種4月上旬〜10月中旬、収穫5月中旬〜12月中旬
数量:5mL 標準発芽率:2005年11月 85%以上
9/6 播種 畝8NR 4年前の種なので、発芽するか分からない。1粒/3cmで条まき。→たぶん発芽していない
9/24 播種80粒 → 9/30数本発芽し10/3には10本発芽していたが、すごく小さい。
11/7 虫に数本食べられたが、残った苗を畑に定植した
12/23 根の直径は1cmほどにしか育っておらず、食べる気にならない。

2010.09.17 Friday | 野菜栽培 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
 

この記事のトラックバックURL http://naturefarm.iti5.net/trackback/38
トラックバック