週末ファーマーによる自然農の野菜栽培

最近の記事
このページの記事
記事の分類
本の紹介

自然農の野菜づくり

第1章 生命の営みをつなぐ自然農の要諦(畑の準備をする、野菜を切らさない作付けの工夫 ほか)
第2章 自然農の野菜・つくり方のポイント
第3章 自然農の野菜などの加工・保存の工夫


自然農・栽培の手引き
最近のコメント
リンク
自己紹介
その他
QLOOKアクセス解析
 川口由一氏の提唱する"自然農"を理想として、耕起せず、肥料はやらず、雑草は抜かず、害虫をも防除しない(化学農薬も自然農薬も不使用)で、野菜を育てることを目指しています。多種類の豊富な動植物と共存する生物多様性を実現する家庭菜園にするべく、群馬県西部で週末に農作業をしています。ビニールのマルチやトンネルなどの非再生資材は使わず、農業機械も使わずエコロジーです。ただ、地力不足なので、有機質肥料を少し与えることもあります。


前の記事 : << 自然農法関連の本
次の記事 : ホウレンソウの栽培 >>
種の寿命、古い種子
 古い種子は、発芽しにくいばかりでなく、発芽しても芽が小さく成長が遅くなる場合もあるようだ。播き残した種の発芽率を調べてみた。
 なお、種の寿命について参考になるサイトは、
タキイ種苗 野菜前線 ・野口種苗 新ダネと野菜種子の寿命について (なお、タキイ種苗のホームページに記載されている「タネの寿命表」には出典が書かれていないが、近藤氏による1933年の資料のようであり、本州常温下での寿命であるようだ)
 以下の種の保管は、2010年2月までは常温常湿にしていたが、それ以降は常温保管ながらシリカゲル乾燥剤で除湿している。
野沢菜(ノザワナ)
 発芽試験2006.5:2010年10月3日播種(種袋は未開封で室内に放置していた) → 発芽ゼロ

ニンジン
金時人参
 2009年5月現在 発芽率 70%以上:2010/7/25播種 → 発芽

サヤエンドウ
・ニチノウ つるなしえんどう(白花) チラウム処理
 2005年4月発芽率75%以上 2009/10/17 播種10粒 → 発芽ゼロ

小松菜
・トーホク交配 味彩 2005年5月発芽率90%以上
 2009/9/17播種→10/1発芽ゼロ 土の中で発芽しても土を押しのける力が足りなかったのかもしれない。
コマツナの古い種から発芽 2009/9/24濡れたKPに100粒置く→9/30 6粒発芽 10/1 10粒発芽。発芽したが葉が3ミリしかないので大きめのものを4個選んで、ポットに移植した。
コマツナ4年以上前の種だけど成長した11/7 ポットに移植した苗が、4本とも大きくなっていたので、畑に定植した

2009/10/18 播種畝5NR →

・トーホク交配 照彩 2007年11月発芽率90%以上
 2010/4/17 → 3割発芽したが、買ったばかりの種に比べると初期生育が遅かったが収穫できた
 2009/10/13 播種畝L3R → 11/14 発芽2割、芽は非常に小さい

コカブ
 ウタネ交配 絹はだ 標準発芽率:2005年11月 85%以上
 2009/9/6播種 → 9/28数本発芽したがものすごく小さい
4年前の種から育ったコカブ 9/24播種80粒 → 9/30数本発芽し10/3には10本発芽していた → 11/7 虫に数本食べられたが、残った苗を畑に定植した


アブラ菜
・トーホク 芯切菜(あぶら菜)
 発芽率2003年5月現在90%以上
 2009/9/24播種50粒ポット → 10/3発芽ゼロ
 2009/10/18 播種畝18NL-W → 11/14 発芽せず

・トーホク 芯切菜(あぶら菜)
 発芽率2004年5月現在90%以上
 2009/10/18 播種畝L3N → 11/1発芽ゼロ

・日光育成 なばな(つぼみ菜)
 発芽試験 2006年5月 2009/10/11播種→

キャベツ
 トーホク交配 四季どりキャベツ 味星 2005年11月発芽率80%以上
 2009/9/11ポット播種10粒 発芽せず
 2009/10/18 播種畝18NR → 発芽せず

チンゲンサイ
 日光種苗 チンゲンサイ
 発芽試験2004.5 → 2009/9/4播種ポットに40粒 発芽せず、9/5播種→発芽せず、9/11播種→発芽せず

ダイコン
 トーホク交配 時なし大根 宮の泉
 2007年11月現在 発芽率85%以上 → 2009/8/22播種発芽率3割、7/29播種発芽率4割

葉ダイコン
 日光種苗 つまみ葉ダイコン
 発芽試験2006.5 2009/9/5播種 → 4割発芽

ブロッコリー
 トーホク交配 緑積
 2005年11月発芽率80%以上 → 2009/8/17播種 発芽率0%、8/23播種 発芽率0%
 合計数百粒を播いたけれど、1本も発芽しなかった

クウシンサイ
 国華園 エンサイ 2008年11月現在発芽率80%以上
 種を買った年の発芽率は100%だった。
 翌年5月22日播種→6月6日出芽率25% (一晩水浸後に播種)

略語 KP:キッチンペーパー

●好光性種子(光発芽種子)
キク科:レタス、シュンギク、ゴボウ(変温では中間性)
セリ科:ニンジン、ミツバ
シソ科:シソ

●種子消毒
チウラム
 白色の固体で、水にはほとんど溶けない。皮膚に対する刺激性はない。分解が早いため環境中での寿命は短いと考えられる。

キャプタン
 殺菌剤。白色の固体。
2010.10.09 Saturday | 野菜栽培 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
主要な作物の種は、なるべく自家採種したいと思っていますが、
保管管理をおろそかにすると、かびたり腐ったりして大変です。
こうしたことも、自然農の一環として続けたいですね!
| イソップ | 2009/11/17 1:45 AM |
そうですね。自家採種は大切なので、私も簡単な作物から始めたいと思います。イソップさんは、いろいろな作物を自家採種されているので、参考にさせていただきます。
| ひで | 2009/11/17 7:47 AM |
 

この記事のトラックバックURL http://naturefarm.iti5.net/trackback/46
トラックバック