週末ファーマーによる自然農の野菜栽培

最近の記事
このページの記事
記事の分類
本の紹介

自然農の野菜づくり

第1章 生命の営みをつなぐ自然農の要諦(畑の準備をする、野菜を切らさない作付けの工夫 ほか)
第2章 自然農の野菜・つくり方のポイント
第3章 自然農の野菜などの加工・保存の工夫


自然農・栽培の手引き
最近のコメント
リンク
自己紹介
その他
QLOOKアクセス解析
 川口由一氏の提唱する"自然農"を理想として、耕起せず、肥料はやらず、雑草は抜かず、害虫をも防除しない(化学農薬も自然農薬も不使用)で、野菜を育てることを目指しています。多種類の豊富な動植物と共存する生物多様性を実現する家庭菜園にするべく、群馬県西部で週末に農作業をしています。ビニールのマルチやトンネルなどの非再生資材は使わず、農業機械も使わずエコロジーです。ただ、地力不足なので、有機質肥料を少し与えることもあります。


前の記事 : << ナチュラル・ハーモニー 河名秀郎氏の著書について
次の記事 : 畑のイモムシ、毛虫 >>
畑の害虫・益虫 種類
害虫対策
 イネ科以外の植物を何でも食べ荒らすヨトウムシだって、雑草を食べている時は害虫ではない。と考えれば、ヨトウムシの命を奪う必要はなくなるから、野菜から離れた雑草が茂っている場所に放り投げておけばいい。アブラムシは困るけれど、増えすぎる場合は肥料のやり過ぎや天敵が不足していることが多い。アブラムシの集団の中に寄生蜂のマミーがあったり、ヒラタアブの幼虫やテントウムシの幼虫がいたら、アブラムシをつぶさないようにすれば、天敵が増えてくれる。アオムシなどの鱗翅目幼虫を捕食してくれるゴミムシは、多くは湿ったところを好むから、敷き草などの居場所を作るのだ。
 害虫は生き物たちのバランスを整えたり、肥料のやり過ぎや害虫に弱い品種を避けたり、考え方を変えれば、害虫を防除する必要がなくなる。
 畑に住む生き物たちは、そこに存在する何らかの理由があるから生きているのであって、人間の都合によって、害虫なのか益虫なのか、それとも"ただの虫"なのかと区別をすることは難しい。作物を食べる虫は害虫、雑草のみを食べる虫は益虫、とすれば、両方を食べる虫は益虫の面が大きいのか害虫の面が大きいのかどちらなのだろう。クモやカマキリは広範囲の虫を捕らえて食べるので、益虫に分類されることが多いが、ミツバチやテントウムシなどの益虫も捕らえて食べるから、益虫の敵になることもある。コオロギは野菜の芽を食べるので害虫扱いされるが、雑草の種もよく食べるから益虫の面もある。害虫の天敵を食べる虫を害虫とすれば、その害虫を食べる虫は益虫になる・・・自然界では複雑な生き物の営みがあり、たとえば、小さなアブラムシに寄生する寄生蜂がいるが、その寄生蜂に寄生する蜂もいるのだ。生きているアブラムシの中にコバチの幼虫が寄生していて、そのコバチの幼虫の中に、さらに寄生している蜂の幼虫がいる状態・・・全く驚くばかりだ。
 害虫がいなければ、害虫を食べる益虫も生きてはいけない。益虫がいなければ、害虫だけが増える。害虫が大発生すれば、寒冷紗などで外界と遮断するか農薬を使わざるをえなくなる。
 益虫が生きるためには、害虫などの虫が必要だ。虫が多ければ、益虫も多い。作物だけがある畑よりも、多くの雑草と作物が一緒に生えている畑のほうが虫の種類や数が圧倒的に多く、それだけ益虫も多い。雑草を生やした畑では、多くの生き物がいて、野菜と共存しており、特定の害虫だけが増えることはなく、食べ・食べられるという競争・共存が常に行われてバランスを保っている。
 長い進化の中で、作物は害虫に食べられることで、病気への抵抗性を獲得していることもある。たとえば、稲は、セジロウンカに吸汁されると稲の中で青葉アルデヒドという物質が増え、白葉枯病やいもち病にかかりにくくなるという。
セジロウンカ食害が誘導する白葉枯れ病に対するイネ抵抗性におけるリアーゼの役割

 生き物たちが、どんな役割を担って畑にいるのか、「野菜と雑草と生き物」の間でどのようにバランスをとっているのか、私はこの目で見てみたい。

 下の写真をクリックすれば写真が拡大でき、名前をクリックすれば説明ページが開きます。
ダイコンシンクイ
ハイマダラノメイガの幼虫(ダイコンシンクイ)
アブラナ科の生育初期の芯を食す
カブラハバチの幼虫
カブラハバチの幼虫(ナノクロムシ)
アブラナ科野菜の葉を食す
ヨウトウガの幼虫
ヨウトウガの幼虫(ヨトウムシ)
多くの種類の植物を食す
ネキリムシ
ネキリムシ(ヤガの幼虫)
多くの種類の植物を食す
ハスモンヨトウ集団の拡大
ハスモンヨトウの幼虫
多くの種類の植物を食す。若齢幼虫は集団でいる。
ツマグロヒョウモンの幼虫
ツマグロヒョウモンの幼虫
スミレ類を食す
セスジスズメ幼虫
セスジスズメの幼虫
サツマイモサトイモなどの葉を食す
エビガラスズメが空芯菜を食べていた
エビガラスズメの幼虫
サツマイモアズキなどの葉を食す
イモキバガ
イモキバガの幼虫
サツマイモエンサイなどの葉を食す
シロオビノメイガ幼虫
シロオビノメイガの幼虫
アカザ科(ホウレンソウなど)、ヒユ科の葉を食す
フタトガリコヤガの老齢幼虫
フタトガリコヤガの老齢幼虫
アオイ科のオクラなどを食す
フタトガリコヤガの若齢幼虫
フタトガリコヤガの若齢幼虫
アオイ科のオクラなどを食す
ワタノメイガ
ワタノメイガの幼虫
アオイ科のオクラなどを食す
キアゲハ5齢幼虫
キアゲハの5齢幼虫
ニンジンなどセリ科の葉を食す
アオムシ
モンシロチョウの幼虫(アオムシ)
アブラナ科の葉を食す
ウリキンウワバ幼虫
ウリキンウワバの幼虫
ウリ科の葉を食すことが多いが、アブラナ科の葉も食す
ナナホシテントウ
ナナホシテントウ
アブラムシを捕食
ナナホシテントウ幼虫
ナナホシテントウの幼虫
アブラムシを捕食
ナミテントウ変形二紋型
ナミテントウ 変形二紋型
アブラムシを捕食
ナミテントウ 四紋型
ナミテントウ 四紋型
アブラムシを捕食
オオニジュウヤホシテントウ
オオニジュウヤホシテントウ
ナス科の植物を食す
オオニジュウヤホシテントウの幼虫
オオニジュウヤホシテントウの幼虫
ナス科の植物を食す
シロジュウシホシテントウ
シロジュウシホシテントウ
クワキジラミの幼虫やアブラムシを捕食
コクロヒメテントウの幼虫
コクロヒメテントウの幼虫
アブラムシを捕食する。
ヒメカメノコテントウ
ヒメカメノコテントウ
アブラムシを捕食する。
ヒメカメノコテントウ背すじ型
ヒメカメノコテントウ(背すじ型)
アブラムシを捕食する。
ヨツボシテントウダマシ
ヨツボシテントウダマシ
菌類を食す
セアカヒラタゴミムシ
セアカヒラタゴミムシ
小さい昆虫を捕食
ウリハムシ
ウリハムシ
ウリ科の葉を食す
ナトビハムシ
ナトビハムシ
アブラナ科を食す。体長2,3
エンドウマメゾウムシ
エンドウマメゾウムシ
エンドウ豆を食す。体長4,5
アズキゾウムシ
アズキゾウムシ
アズキなどの豆を食す。体長2,3
コガネムシの幼虫
コガネムシ類の幼虫
植物の根などを食す
アルファルファタコゾウムシ拡大
アルファルファタコゾウムシの幼虫
レンゲ、カラスノエンドウなどを食す
ソラマメヒゲナガアブラムシ
ソラマメヒゲナガアブラムシ
ソラマメを吸汁
エンドウヒゲナガアブラムシ
エンドウヒゲナガアブラムシ
エンドウやダイズ等を吸汁
マメアブラムシ
マメアブラムシ
マメ科を吸汁
ダイコンアブラムシ拡大
ダイコンアブラムシ
アブラナ科を吸汁
アブラバチの一種?
アブラバチの一種
アブラムシに寄生する
アブラムシのマミー
アブラムシのマミー
寄生蜂に寄生されたアブラムシ
ワタノメイガサムライコマユバチのマユ
ワタノメイガサムライコマユバチの繭
ワタノメイガの幼虫に寄生する
寄生蜂
ヒラタアブヤドリヒメバチ ?
ヒタラアブの幼虫に寄生
オナガアシブトコバチの写真
オナガアシブトコバチ
カマキリの卵に寄生
ミツバチとコセンダングサ
ミツバチ
ハナバチの一種
ハナバチの一種
幼虫の餌として花粉や蜜を蓄える
コアシナガバチ
コアシナガバチ
鱗翅類の幼虫を捕食
フタモンアシナガバチ
フタモンアシナガバチ
昆虫の幼虫を捕食
アオメアブ
アオメアブ
飛んでいる虫を捕食
シオヤアブ雌
シオヤアブ(雌)
飛んでいる虫を捕食
ホソヒラタアブ?の雌
ホソヒラタアブ ?
幼虫はアブラムシを捕食
ヒメフンバエ
ヒメフンバエ
小昆虫を捕食
ミヤマアカネのオス
ミヤマアカネ
成虫は飛んでいる虫を捕らえる
シオカラトンボのメス
シオカラトンボ
成虫は飛んでいる虫を捕らえる
オオカマキリの足の付け根
オオカマキリ
虫などを捕食
コカマキリ
コカマキリ
虫などを捕食
シマサシガメ
シマサシガメ
虫を捕らえて体液を吸う
ブチヒゲカメムシ
ブチヒゲカメムシ
多くの種類の植物を吸汁する
ホソヘリカメムシ
ホソヘリカメムシ
マメ科植物を吸汁する
ホオズキカメムシ
ホオズキカメムシ
ナス科やヒルガオ科の植物を吸汁
アオクサカメムシの2齢幼虫
アオクサカメムシの2齢幼虫
広範囲の植物を吸汁
アオクサカメムシの成虫
アオクサカメムシの成虫
広範囲の植物を吸汁
ナガメ
ナガメ
アブラナ科野菜を吸汁
ヒメナガメ
ヒメナガメ
アブラナ科野菜を吸汁
オオヨコバイ
オオヨコバイ
広範囲の植物を吸汁
ツマグロオオヨコバイの幼虫
ツマグロオオヨコバイの幼虫
広範囲の植物を吸汁
アカハネナガウンカ
アカハネナガウンカ
トウモロコシやススキをを吸汁
ヒメギス成虫
ヒメギス
雑食で草食性が強いが虫も捕食する
ヒメギス幼虫
ヒメギスの幼虫
ツユムシのアップ
ツユムシ
幅広い植物を食す
オンブバッタ
オンブバッタ
幅広い植物を食す
キリギリスの幼虫
キリギリスの幼虫
幼虫は草食だが、成虫になるにつれ肉食が強くなる
クルマバッタモドキ
クルマバッタモドキ
イネ科植物を食す
ウヅキコモリグモの卵
ウヅキコモリグモ
徘徊して虫を捕食する
ナガコガネグモ
ナガコガネグモ
網を張り虫を捕食する
ハナグモ
ハナグモ
徘徊し虫を捕食する
ムツボシオニグモ
ムツボシオニグモ
小さな円網を張って虫を捕食する
イオウイロハシリグモ
イオウイロハシリグモ
徘徊して虫を捕食する
ホンクロボシカニグモ
ホンクロボシカニグモ?
徘徊して虫を捕食する
トリノフンダマシ
トリノフンダマシ
夜行性で網を張り主にガを捕食する
ニホンカナヘビの幼体
ニホンカナヘビの幼体
昆虫や節足動物を捕食
短いミミズ
ミミズ
枯葉や土中の有機物を食す
ヒキガエル
ヒキガエル
昆虫類や節足動物などを捕食する
ヤマカガシの幼体
ヤマカガシの幼体
カエルなどを捕食する
2010.11.11 Thursday | 畑の害虫、虫、動物 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
 

この記事のトラックバックURL http://naturefarm.iti5.net/trackback/52
トラックバック