週末ファーマーによる自然農の野菜栽培

最近の記事
このページの記事
記事の分類
本の紹介

自然農の野菜づくり

第1章 生命の営みをつなぐ自然農の要諦(畑の準備をする、野菜を切らさない作付けの工夫 ほか)
第2章 自然農の野菜・つくり方のポイント
第3章 自然農の野菜などの加工・保存の工夫


自然農・栽培の手引き
最近のコメント
リンク
自己紹介
その他
QLOOKアクセス解析
 川口由一氏の提唱する"自然農"を理想として、耕起せず、肥料はやらず、雑草は抜かず、害虫をも防除しない(化学農薬も自然農薬も不使用)で、野菜を育てることを目指しています。多種類の豊富な動植物と共存する生物多様性を実現する家庭菜園にするべく、群馬県西部で週末に農作業をしています。ビニールのマルチやトンネルなどの非再生資材は使わず、農業機械も使わずエコロジーです。ただ、地力不足なので、有機質肥料を少し与えることもあります。


前の記事 : << 野沢菜(ノザワナ)の栽培
次の記事 : 自然農法関連の本 >>
のらぼう菜の栽培
 ノラボウ菜は、アブラナ科西洋アブラナ(Brassica napus)の一種で、春にトウ立ちした花茎を食べる。東京西郊の山麓地帯(埼玉県飯能市、東京都青梅市を中心)に伝わる伝統野菜で、丈夫さから「野良生え→のらぼう」と名が変わったという(参考1)。ちりめん状の葉が特徴の「ちりめんのらぼう」、「早生系統」、「晩生系統」となどの系統がある(参考2,3)。主茎を摘心すると早く収穫ができるようになることもある(参考3)。
 自家不和合性が無いので、雑種ができにくく、一株だけで受粉するため、自家採種が容易にできる。

参考)
1.野口種苗:来歴等が詳しい
2.埼玉県のふるさと野菜「のらぼう菜」の栽培技術
3.トンネル被覆または主茎摘心によるのらぼう菜の早期収穫法
比企の特産野菜 のらぼう菜:出荷は3月上旬から5月初旬
のらぼう菜 レシピ - 埼玉県ホームページ

のらぼう菜の種

【80円メール便】のらぼう菜の種

価格:230円(税込、送料別)

私は、楽天市場で販売している大和農園の種を購入しました。


初めての「のらぼう菜」の栽培記録

非常に美味しいと評判のようなので、栽培してみる。
種:大和農園 春を伝える伝統地野菜 のらぼう菜
品種の特徴
 のらぼう(野良坊)菜は、江戸時代から自家用として関東地方で栽培されている伝統地野菜である。寒さの中でよく育ち、肥沃な土地では高さが1mにもなり、よく分枝して数十本の花茎が収穫できる。花茎はやわらかくて甘く、非常においしい。茹でると色鮮やかで、おひたしやゴマ和えなどに利用できる。
栽培の要点
 平坦地では8月下旬〜9月下旬に種まきし、3月〜4月に収穫する。種は苗床に条まきもしくは点まきするか、ポットに播いて育苗する。定植は本葉5〜6枚のとき、畝幅60〜70僉株間30〜40僂膿△┐弔韻襦とう立ちした花茎が15cm〜25cmに伸びたところを摘み取る。次々と伸びるわき芽も順次収穫する。
栽培適期
冷涼地:播種8月中旬〜9月下旬 → 収穫4月下旬〜5月下旬
平坦地:播種8月中旬〜9月下旬 → 収穫3月下旬〜4月下旬

生産地:岐阜県 数量8ml 発芽率10年5月現在85%以上
10月2日 不耕起、無肥料で種まき。間引き菜はおいしくないらしいから、あまり密にはせずに、3、4儡岾屬妊織佑鯒鼎い拭
ノラボウナの発芽10月24日
 非常によく発芽した。のらぼう菜の周囲にはホトケノザもたくさん発芽していた。



2010.10.01 Friday | 野菜栽培 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
 

この記事のトラックバックURL http://naturefarm.iti5.net/trackback/99
トラックバック