週末ファーマーによる自然農の野菜栽培

最近の記事
このページの記事
記事の分類
本の紹介

自然農の野菜づくり

第1章 生命の営みをつなぐ自然農の要諦(畑の準備をする、野菜を切らさない作付けの工夫 ほか)
第2章 自然農の野菜・つくり方のポイント
第3章 自然農の野菜などの加工・保存の工夫


自然農・栽培の手引き
最近のコメント
リンク
自己紹介
その他
QLOOKアクセス解析
 川口由一氏の提唱する"自然農"を理想として、耕起せず、肥料はやらず、雑草は抜かず、害虫をも防除しない(化学農薬も自然農薬も不使用)で、野菜を育てることを目指しています。多種類の豊富な動植物と共存する生物多様性を実現する家庭菜園にするべく、群馬県西部で週末に農作業をしています。ビニールのマルチやトンネルなどの非再生資材は使わず、農業機械も使わずエコロジーです。ただ、地力不足なので、有機質肥料を少し与えることもあります。


在来種野菜など読んだ本

つくる、たべる、昔野菜

岩崎政利 文、関戸勇 写真、さとうち藍 取材編集協力、黒川陽子 調理協力。2007年 本体1400円

 本書でいう「昔野菜」とは、1970年代にF1交配種が登場する前の野菜のこと。つまり、日本伝統種だけでなく、西洋野菜のイタリアン・ダンデライオン(食用タンポポ)とズッキーニ、中国野菜の空芯菜・バイアム・タアサイ・チンゲンサイ、近年日本でも食べられるようになったモロヘイヤやツルムラサキなども紹介している。
 サヤインゲンの紹介では、「昔野菜のインゲンのよさは、莢が大きくなっても柔らかく食べられることにある。市場に出ている多くの育成種のインゲンは、(以下略)」と書かれているが、肝心な伝統種など品種名が書かれておらず、読者には不親切であろう。また、エンドウの紹介では「昔野菜」に触れていない。
 書題には「つくる」と「食べる」が入っているが、紹介している作物全てについて栽培と料理について書かれているわけでなく、ある作物については作物の紹介だけだったり、食べることに触れられていなかったりする。
 「ベランダで昔野菜を育てる」という項目が14ページあるのだが、住宅街の中の家のベランダで育てている様子を見ると、編集者のさとうち藍氏が書かれたのであろうか。

 自家採種については、8ページほど書かれている。

 野菜の作り方、各野菜の料理方法、伝統品種の紹介などにはこだわらずに、豊富なカラー写真を次々に見ていると楽しい本だと思う。[2010/1記]
続きを読む >>
2010.11.16 Tuesday | その他 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ナチュラル・ハーモニー 河名秀郎氏の著書について
 河名秀郎氏の著書である「自然の野菜は腐らない」と「ほんとの野菜は緑が薄い」には、いくつか問題があると考えるので指摘する。

 著者の河名秀郎氏は、自然食品の販売店やレストランを運営する株式会社ナチュラル・ハーモニーの創業者。自然農法成田生産組合で1年間の農業研修ののち、1984年、26歳の時に自然栽培野菜の移動販売を開始した。自然栽培野菜・玄米の専門宅配「ハーモニック・トラスト」など業容を拡大している。

河名秀郎氏と宗教

 世界救世教の自然農法や薬害思想、特徴的な用語の使用などの関連性、また、「ナチュラルハーモニー 宗教」や「河名秀郎 宗教」というキーワードでGoogleで検索すると、本記事が1位に表示されるためかアクセスが多い。そこで、河名秀郎氏の著書を読むための参考になると考えるので、宗教との関係について調べてみる。

排毒と薬害思想
 河名氏の著書、ほんとの野菜は緑が薄いp.172-175より抜粋すると、「体の中に溜まった毒は、汗や排泄物、女性なら生理で排出され、最大の排出は病気と思う」、「ナチュラルハーモニーの社員も僕も風邪をひいてもクスリで熱を下げることはしません。クスリを飲まないどころか、社員が風邪をひくと「それはよかった!」と喜びます。風邪は体内に溜まった老廃物や毒素を体外に出そうとしている、体からのサイン」、「(著者の)二人の子供、高校生と中学生は生まれてから一度もクスリを飲んだことも塗ったこともなく、学校の予防接種も受けていません」とのことであるが、世界救世教にも排毒思想や薬害思想がある。
 「病気とは排毒作用:そもそも、病気を最も判りやすくいえば病気とは体内にある不純物、すなわち有毒物を種々の形によって排泄さるるその過程をいうのである、従ってこの世の中に病気ほど結構なものはないので、もし人間から病気をなくすとすれば、人間は健康を保ち得ず、到底長命などは覚束ない虚弱者となるのである、これが千古不滅の真理であって、これを基本として成った医学こそ真の医学である、ゆえに、もしこの真理に外れたいかなる医術といえども、それは真の医術とはいえない疑似医術であるから、到底病気は治し得ないのである。(岡田茂吉氏、救世 57号より)」
続きを読む >>
2010.11.10 Wednesday | その他 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
私の栽培方法、その他
農薬
 農薬は使わないが、種子が消毒してある場合は仕方がないと思う。市販の苗は、たいてい数回は農薬を使用してあるので、買わない。種子は、なるべく自家採種したいと思うが、手間がかかりすぎる場合はあきらめる。

肥料
 不耕起なので、いわゆる元肥はしない。うちの畑は地力が低いので、油粕を地表にまく。あまり使いたくはないが、化学肥料は即効性があるので、肥料が必要な野菜には少し使ってしまい、地表に薄くまいている。そのうち地力がついてきたら、無肥料としたい。

不耕起
 種をまく時に、雑草の根が邪魔になる場合に表層を2、3センチ削る。

草生
 野菜が日陰にならない限りは雑草は放置して生やしておく。野菜の生育に邪魔になる時は、雑草は根元で刈る。

農業資材
 ビニールマルチ、トンネルは使わない。

自家用
 野菜が小さくても、虫にかじられても、ありがたく食べる。野菜の生長が揃わないほうが家庭菜園では役立つ。食べ方が変わると栽培方法を変えることができる。市場出荷ではないし、直売ではないのだから、気楽に作る。
続きを読む >>
2010.11.01 Monday | その他 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
自然農法関連の本
 自然農法(自然栽培、自然農など)関連の本を一覧にしました。
続きを読む >>
2010.10.07 Thursday | その他 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
自家採種の方法、自家採種禁止の野菜の種類

自家採種

 自分の花粉で受粉するものを自家受粉、他の個体の花粉で受粉するものを他家受粉という。自家受粉する野菜の場合は、種採り用に1本だけ残しておけばいいのに対し、他家受粉する野菜では多数の種採り用の株を用意する必要がある。他家受粉作物では、他品種との交雑にも注意する必要があり、種採りの株数が少ないと種ができにくくなる性質(近交弱勢という)もあるので、自家採種を続けて品種を維持することは大変である。  マメ類は、開花前に自動的に受粉が終わっているが、ソラマメだけはわずかに他家受粉することがある。また、トマト、レタスなどの自家受粉する野菜でも、虫などが花粉を運ぶことがあるため、100%の自家受粉とはならずに、わずかに交雑する。そのため、隔離して栽培したり、袋や網で覆って栽培するなどの対策を行う。
続きを読む >>
2010.05.01 Saturday | その他 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |