週末ファーマーによる自然農の野菜栽培

最近の記事
このページの記事
記事の分類
本の紹介

自然農の野菜づくり

第1章 生命の営みをつなぐ自然農の要諦(畑の準備をする、野菜を切らさない作付けの工夫 ほか)
第2章 自然農の野菜・つくり方のポイント
第3章 自然農の野菜などの加工・保存の工夫


自然農・栽培の手引き
最近のコメント
リンク
自己紹介
その他
QLOOKアクセス解析
 川口由一氏の提唱する"自然農"を理想として、耕起せず、肥料はやらず、雑草は抜かず、害虫をも防除しない(化学農薬も自然農薬も不使用)で、野菜を育てることを目指しています。多種類の豊富な動植物と共存する生物多様性を実現する家庭菜園にするべく、群馬県西部で週末に農作業をしています。ビニールのマルチやトンネルなどの非再生資材は使わず、農業機械も使わずエコロジーです。ただ、地力不足なので、有機質肥料を少し与えることもあります。


2010年1月〜3月 野菜の栽培記録
●1月9日(土) 晴れ 作業2.5時間
・今日は風も弱くて暖かく気温は11時で8度くらい。見かけた益虫は、テントウムシ数頭、コモリグモ数頭、ヒメフンバエ1頭。ナナホシテントウは、素早く動き回って活動していたが、アブラムシはいないような場所ばかり。アブラムシのいる作物にはテントウムシはいないので残念。
金時ニンジン収獲金時人参自家採種のために母本選定と定植
 5メートル1条播きの畝に、8/15には12本の苗があって、今日の収獲では小さいものを含めて11本。根が真っすぐで根長30cmの金時人参は1本だけで、残りは小さかったり形が悪いが、6本を母本にしてみる。本来は11月中の定植が望ましく、定植が遅れると活着が悪くなる。
続きを読む >>
2010.03.31 Wednesday | 月間記録 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2009年10月〜12月 野菜の栽培記録
 自然農では平畝を立てて、ずっと使い続けるということを知ったので、10月頃から溝掘りを始めた。

●10/1(木) 雨のち曇り

●10/2(金) 雨
 9月の雨量は、群馬県内12地点で観測史上最低だったそうだ。前橋市で1ヶ月の雨量がたった20.5ミリ。雨が少ないので週末菜園では土が乾いているけれど、タネまき後の水やりが平日できないので大変だ。


●10/3(土) 霧雨の中農作業2.5時間
ゴボウの出芽ゴボウが出芽していた
・ブロッコリー定植 4株 種まきから5週間後
続きを読む >>
2009.10.31 Saturday | 月間記録 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2009年7月〜9月 野菜の栽培記録
自然農法というものがあるらしいことを知り、徐々に不耕起にしていった。

7/25(土)-26(日)
 ブロッコリーとニンジンの播種。青草を薄く(8割くらい地面を覆うくらい)被せておいたが、自然農法では、天気に合わせて厚くしたりするらしい。翌日の天気のことなど、気にせずに播種したので、今後は気をつけよう。
続きを読む >>
2009.09.30 Wednesday | 月間記録 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |